つみ木家具店 BLOG

* *

タタ

2019/04/08 |

猟犬タタ

タタ10ヶ月。
良い表情をするようになってきた。
言葉が通じるようになってきた。

私たち夫婦はどちらも幼い頃から犬がいる家で育っていますが、これまでに一緒に暮らした愛玩犬とは全く違う性質で、謎なことが多(タタ)いです。

ルールを覚えるのは早く、とにかく帰省本能が大変優れている。(何も教えていない)
山では親ビンから1km以上離れて仕事をしますが、割とマメに正確に戻ってきてはまた離れてゆくそうです。(何も教えていない)
もともと大変頭の良い子で、おそらくそれは代々続く猟犬の血(しかも仕事のできる犬)がそうさせている。としか思えません!
そしてじゃれて遊ぶときに噛む場所も、太ももの内側w(あかんあかんそれほんま急所やん)

犬が大好きで、ヒトが大の苦手です。(これが人生初の経験)基本怯えます。後ろずさりして、家の奥から出てきません。
ものすごくビビリなのに大好きな猟では堂々としていて、しかも山の上では苦手な人とも並んで歩くらしい(仕事中はokとか意味がわからない)
最初の頃は直した方が良いのかなぁと思い工夫しましたが、一向に良くなる気配はなく。。
そもそも彼女自身がいろんな人に可愛がられたいと言う欲が皆無なので、慣れさせる行為自体がストレスかもと思い、やめました(笑)

子犬の頃から、特に人に依存することもなく、とても自立しているタタさんです。
現在この世の中で、タタが触ることを許す人間は7人(私らも入ってます)。「とある理由」で大丈夫になるらしく、現在原種犬タタを観察中の上田家です(笑)


Copyright (c) TSUMIKI/つみ木家具店 All Rights Reserved.

最近の記事

月ごと

カテゴリー

このページのトップへ