つみ木家具店 BLOG

100年100人ベィビィベッド

いただきます!
が上手にできるようになった、かわゆいおてて。ごはんがどんなけーでも入りそうな、たくましいからだ。
ご夫婦が育てられたお野菜がいっぱいのお手製ごはんは、とっても美味しくて嬉しくて〜染みました☆ 恵みとおもてなしに感謝です(^^)

13人目の たいぞう くんから、14人目の かいと くんへ。
100年100人ベィビィベッドプロジェクトは続いています。

スクスクも続きますように(^^)大きくなぁれ。

これは2005年から(密かに)スタートした、私たちのライフワーク。たくさんの赤ちゃんと共に味わい深く成長し続けるベィビィベッドです。

(さらに…)

1DAY コペンハーゲン

2019/06/28 |

北欧旅行記2019

朝10時。コペンハーゲン中央駅に到着。

ここまでの道のりも感動に継ぐ感動だったのに、この中央駅の美しさに、私たちの心は打ちぬかれました。
ここで旅は終わりだと言われたとしても良いと思えるほど、妙な充実感。欲張りな私には初めての感覚。

パンを買ってかじりながら通り過ぎる人を眺める。駅は電車を使用する人以外の人でも溢れていて、ものすごく憩いの場。駅の存在理由が違うのかもそれない。
そもそも駅には改札はありません。ホームに降りれば電車に乗れて、上がれば普通の車道へもつながっている。

歴史、デザイン性、重厚感、美しさ、そこに人のあたたかさも充満していて、ものすごく満ち足りた感覚に包まれたコペンハーゲン中央駅から、私たちの旅はスタートします。

(さらに…)

かんなちゃんの机

2019/06/24 |

DESK 机お届け

3月生まれのお兄ちゃんと、4月生まれの妹ちゃん。
2歳違いの3学年違うご兄妹。6歳のお誕生日を迎えて、早めの学習机のお届けへ。

偶然にも木目が繋がる方を空けて待ってくださっていて、バッチリ◎その不思議な気(木)の合い方が、嬉しかったです♡

2年間使い込んだ しゅんくんの机 は、しっかり味わい深く育っていました。抽斗(ひきだし)の中のお茶目な宝物たちも見せてもらいましたよw
しばらくは大好きなポケモンたちと一緒に、大好きなお兄ちゃんの隣で◎

楽しみに待っていてくれた、お兄ちゃんとお揃いの机。机も椅子も仕様は全く同じですが、木目の違いが不思議とそれぞれらしいと喜んでいただき、大変嬉しかったです(^^)

かんなちゃん、机、よろしくね♡

http://www.tsumiki.net

長期お休みを頂きありがとうございました。

2019/06/22 |

北欧旅行記2019

長期お休みを頂き、ありがとうございました。
工房長はお留守番でいつも通り質美におりましたが、担当者不在によりメールの返信や発送業務等、ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

デンマーク→スウェーデン→フィンランド→エストニア。北欧4ヶ国を巡る旅にいって参りました。
幼馴染みと娘ちゃんと私の女3人で◎ 内容や日程も自分たちで決めて予約をして、陸海空の全てを網羅するプランを(くわ)立てました。
写真はスウェーデンからフィンランドに向かう船の上でみた白夜。この世のものとは思えないほど美しく、鳥肌が立ちました。

海外旅行は実に18年ぶり、ヨーロッパは初めてでしたが、どの国もみなさん優しくて、素晴らしい人柄と文化でした。
旅の記録は、追ってちょくちょくアップしたいと思っています。時折のぞいて頂けたら嬉しいです(^^)

質美に帰ってきてほっこり。やっぱり母国と我が家はいいもんですw
旅で頂いたたくさんの感動や刺激を、どんな風に表現できるかなぁ。旅の余韻はしばらく続きそうです。

ルーツ オブ タタ

2019/06/05 |

猟犬タタ

一歳のお誕生日を目前に、昨日タタのルーツが紐解かれました…!

迎えに行った時は(強面の猟師さんが)「屋久島(犬)や!誕生日?誕生日ってなんじぇ?」とはじまり(笑)、生後何日なのかも不明でタタ生活スタート。
その後(タタ両親飼い主情報により)誕生日が判明し、屋久島犬ではないことがわかり(えーどない〜)、基本和犬ベースだろうけど、どこか洋犬の雰囲気も漂うよなぁとか言っていたのですが、昨日別の猟師さんから、タタ父母のルーツが聞けました。

タタ父は屋久島犬(入ってるやないかーい)とスタッフォードシャーブルテリアが入っていて、タタ母は紀州犬系。
おそらく、どちらも純潔やハーフではないので、色々混ざって混ざって、タタさんのできあがり◎

ああ!なるほどーー!!

チャンピオンならぬチャンポン犬タタ。世界にひとつだけのタタさん。雑種犬の面白さかもしれませんね(^w^)

Copyright (c) TSUMIKI/つみ木家具店 All Rights Reserved.

最近の記事

月ごと

カテゴリー

このページのトップへ